FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

ストリンガーに2インチのバルサをレットウッドでサンドイッチ

2009年09月04日
お客様のボードが出来上がるまでを写真と言葉で!紹介します♪

0811 1

お客様 みんなが余り持ってない、カスタムボードが欲しいのですが、何かいいアドバイスがありますか?

0811 2

川井   クラシックモデルなどいかがですか?
10´00くらいでテールにバルサ材を使用した板など…少ないですョ!
お客様 いいかも!クラシックも欲しいと思ってたし。(*^o^*)

川井 今から決めましょう!
    まず、クロスは、ボトム6オンスにデッキ4オンス+6オンス+デッキパッチ にしようか?
    何か 『くせ』とかありますか?
お客様   『くせ』?どんな?
川井 例えばテイクオフの時の手の位置とか、ローリングする時のレールの持つ位置とか
お客様  解らないなァ―!
川井   今の使用している板見せてー
お客様  はい、これです。
川井   素直な乗り方してるねー♪これなら先程の提案でいいね。
お客様  はーい! お願いします。

0811 3

オーダー用紙

0811 4


川井  センターBOXは3色あるんだけど、どれにしようか?
お客様   うーーん…。
川井  まだ時間あるし そのうち決めよっか?
お客様 そうしよう!そうしよう!


川井  カラーはどうする?
お客様  今 考えてるのは、ピグメントカラーでグリーンかブルーで入れたいなぁー。
でも 違う色もイイなぁー。  悩む……。。。
川井  悩むよねーー!!
お客様  クラシックっぽい色ってわかる感じがいいなぁー。   
どうしよう…。  まようなぁ…。
川井  ピグメントカラーで濃い色にしたら ストリンガーが見えにくいから、少しもったいないように思うね。
薄い色だったら OKだよ!
川井  カラーもシェイプし終わってからでも決めてくれたら いいよーー!


この日はサーフボードの一番大切な 全てのライン (長さ.幅.厚み.ロッカーのつけ方.
テール はスクエアー) が決まったので ブロックが引っ付き次第シェイプしていきます。

0811 5
テンプレートを使用し、フォームにラインを入れます。

0811 6 0811 7

お客様が見に来てくれました。
お客様  何度見ても大きいフォームですね!出来上がってくるのが楽しみで仕方が無い(笑)
川井   僕も喜んで貰いたいし、楽しんで貰いたいよ♪

0811 8
レールをカットし、全体のバランスを見ます。

0811 9

これからシェイプに Let´s Go !

0811 10 0811 11 0811 11
シェイプ中

0811 12 0811 13
  大体のシェイプが終わったので、見に来て頂きました。
ココでお客様と話しながら カラーはクリアでBOXは白色に決まりました。

0811 14 0811 15
シェイプ後、紙をテープでしっかり止めてラッピングし、フォームにロゴマークをブラシで入れていきます。

0811 19
ボトムからーのラミネートをしました。

0811 18
なんだか じっくり見てますねーー(笑)
お客様が見に来てくれました。
0811 21 0811 22
 
お客様 サーフボードを作ってるところを見れるなんて初めての体験で、やっぱり雑誌とは違うなぁー!それも自分の板やでーー!うれしすぎる~!(≧▽≦)

0811 26 0811 23
ホットコート中です。

その後 フィンBOXをON(付けて)して、サンディング。

0811 27 0811 28
樹脂工程 最後のフィニッシュ中。

0811 29
お客様  クラッシックで10´00はでかいですねー!!うれしい!
最後に見に来てもらい、納得して頂いてから仕上げに入ります。


その後、ペーパー(240番~1000番まで使用)
艶出しのバフティング(コンバウンドは超極細使用)


0811 36 0811 35
でーきた
お客様  今から海に浸けるのが待ち遠しいーー!どのようなライディングができるか楽しみーー!
もう気分は 海!海!海――!早く持って行きたい♪

0811 30
35年前のロゴマーク使用

21から22
現在のロゴマーク


ボードケースに入れ、お持ち帰りです。


Ps. 数日後 お客様から連絡があり、気に入って頂いたと聞いた時は 何十年もボードを作り続けてきて一番うれしく感じる時です。








SUMMER SURF BOARDS
サマーサーフボード
http://www.summersurf.jp/
072-241-8080









スポンサーサイト



サーフボード製作 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |